SSブログ

『Tomb Raider Anniversary 』をプレイ中! [日記・雑感]

Tomb Raider Anniversary (輸入版)

Tomb Raider Anniversary (輸入版)

  • 出版社/メーカー: Eidos Interactive
  • 発売日: 2007/06/05
  • メディア: ソフトウェア

順調に攻略を進めています。
エジプトを突破し、現在はナトラ社の鉱山をうろうろしているところ。

記念すべきTR1のリメイクですが、元の作品のテイストを残しつつも多くの変更が加えられています。そのため、「懐かしいけど、新しい」という不思議な感覚を終始味わいっぱなし。
うん、面白い。
関係無いですが、Scion(シオン)は英語で「スキーオン」って発音するんですね。


SCE久夛良木氏 名誉会長に就任 (from Engadget Japanese)

>ビジュアルショック!スピードショック!サウンドショック!

メガドライブのことかー!(笑)


Sega Mega Drive メガドライブ Genesis Beatles Rapper TV CM (1988) (from Youtube)
つーわけで、「ビジュアルショック!~」の元ネタはこちら。
ファンの人には申し訳ないですが、今思うと『獣王記』ってCMで前面に出すほど優れたゲームじゃないよなぁ。


「Shadowrun」レビュー: Xbox 360でもPCでも! 両者入り乱れての激しい撃ち合いを――銃と魔法とテクノロジーの新感覚FPS  (from IT Media)
今は亡き月刊コミックドラゴンで連載していたマンガ版『シャドウラン』が好きだったこともあり、是非ともプレイしてみたい新作FPS。でも、OSはVistaじゃないとダメなの?


閉じた口には蝿は入ってこない (from 遊戯電線)
ガイジンさんに言わせれば、日本のゲームのローカライズ作品にもいまだに“変な英語”が少なからず存在するらしいですね。お互いさまなのかも。
もっともバカゲーが好きな僕としては、むしろ珍訳・奇訳は大歓迎です(笑)。


こんにちは、ガンジーです (from 切込隊長BLOG)
わかるわかる。僕がプレイしているのはCiv3の方ですが、スタート位置が内陸だった時点でモチベーション減衰。さらに周囲の敵国全員に宣戦布告されたときの絶望感はとても一言では言い表せません。


『Wii』崩壊の日は来るか――ゲーマー4類型論で分析(1)
『Wii』崩壊の日は来るか――ゲーマー4類型論で分析(2)
『Wii』崩壊の日は来るか――ゲーマー4類型論で分析(3) (from Wired Vision)
面白い!
北米市場を元にした分析ですが、我が国にも当てはまる部分が多いと思います。
つうか、ハードコアゲーマーの説明には、思わず苦笑い。

>この層は、いまだに白黒画面の『Game Boy』を取り出して『ピンボール 66匹のワニ大行進!』をプレイするような連中だということを忘れないで欲しい。

悪かったな、いまだにMSXのゲームをプレイしているような人間で(笑)。


SOS団がゲーム製作に挑戦! 『涼宮ハルヒの戸惑』  (from ファミ通.com)
“場の空気”と視点システムに、『ガンパレードマーチ』の匂いを感じるだわん。


占領された日本を奪い返せ!「THE 最後の日本兵~美しき国土奪還作戦~」  (from ゲーマガ速報!)
え~、自衛隊員を「日本兵」と呼ぶのはダメだろ!?
どうせなら太平洋戦争を舞台に、旧陸軍兵が一人でグアムやサイパンやアッツやミンダナオやガダルカナルやスマトラを奪還するゲームを希望。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0