SSブログ

PSP『涼宮ハルヒの憂鬱』のゲーム内容を妄想してみた [日記・雑感]


*注 画面はハメコミ画像です

「涼宮ハルヒの憂鬱(仮)」公式サイト
バンダイナムコゲームス、ハルヒシリーズ初ゲーム化決定 PSP「涼宮ハルヒの憂鬱 (仮)」2007年発売予定!!  (from GAME Watch)

「おお、ついにこのタイトルが来たか」という感じの、『涼宮ハルヒの憂鬱』ゲーム化のニュースです。
対応プラットフォームがPSPとは意外でしたが、今後の動向が大いに気になる作品ですね。

つーわけで、詳しい情報が発表される前に、果たして本作がどのような内容になるのか好き勝手に妄想してみようと思います。
以下の文章には、原作のネタバレが含まれています。未見の方はご注意を。




『ハルヒ』の設定を生かしたゲームを作るとなると、これはもう『クトゥルフの呼び声』のコンセプトを取り入れたアドベンチャーRPGしかないと考えます。

我々の住むこの世界は、涼宮ハルヒという名の一人の少女が創造した「夢」のようなものである。彼女の力を持ってすれば、世界を変えることなぞ児戯に等しい。

いや、実にコズミック・ホラー的なストーリーではありませんか。

そんなわけで、プレイヤーはSOS団の一員であるキョンを操ります。
「神」であるハルヒのご機嫌を取りつつ、数々の怪事件を解決することによって、世界を破滅から救うのがゲームの目的となります。

ハルヒの性格上、彼女は「力」を無意識的に発揮してしまいます。その結果、町の至るところで「怪事件」(=イベント)が起こるわけです。
あなたは長門や小泉、みくる、そして時にはハルヒ自身と協力して、現実世界に現れた「怪異」を取り除かなければなりません。

ただし、キョンには「正気度」というパラメーターが設定されています。
あまりにも人知とかけ離れた現象を目の当たりにしたり、死にそうな目に何度もあってしまうと、さすがのキョンも気が狂ってしまいます。

同様に、ハルヒには「退屈度」、「不満度」という隠しパラメーターが存在します。
あまりにもハルヒを退屈にさせてしまうと彼女の不満は爆発し、町は怪異現象で溢れてしまいます。そして怪異を放置すると、最終的には現実世界が崩壊してしまうのです。

実は、ハルヒ本人に怪異現象を体験させることが、最も劇的な「退屈度」の解消方法です。
ただし、ハルヒが自分の能力を自覚してしまう危険性(=ゲームオーバー)をはらみます。また、ハルヒが怪異現象を「現実に存在するもの」と肯定してしまうと、やはり世界崩壊を招いてしまいます。基本的に避けるべき手段でしょう。

以上の理由から、怪事件の解決は他のSOS団員たちを頼ることなります。
プレイヤーと「交流」を深めることで、団員たちはより協力的な態度へと変化します。また、「交流度」の上昇は団員たちの能力もアップさせるため、怪事件の解決は容易となるでしょう。
特に女性キャラとの「交流」は、キョンの「正気度」を回復する効果もあり大変重要です。ただし、あまり長門やみくると仲良くしていると、ハルヒの不満が爆発して世界は崩壊します(笑)。

まとめると、こんな感じ。

(1) ハルヒの気まぐれや、「退屈」、「不満」が怪事件(イベント)を生む。

(2) 怪異への遭遇、危機的体験はキョンの「正気度」を減らす。

(3) 「正気度」の回復&怪事件の解決には他団員との「交流」が必須。ただし、ハルヒの「不満」を引き起こす。

(4) また、あまり平穏な日常にもハルヒは「退屈」してしまう。

(5) (1)に戻る。

…こんなゲームはどうでしょうか?バンダイナムコさん?

冗談抜きでオレは、SAN値を失ってしまっために発狂しちゃうキョンの姿を見たいんだけどなぁ(笑)。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。