SSブログ

老兵は死なず ― 「MSX WORLD 2005」 [PC・ハードウェア]

5月8日に、秋葉原コンベンションホールにて「MSX WORLD 2005」が開催された。早速、その模様がIT Mediaで報じられている。

1チップMSX、ケータイ用MSXアプリ発売へ――MSX WORLD 2005 (1/2)
1チップMSX、ケータイ用MSXアプリ発売へ――MSX WORLD 2005 (2/2)

1チップMSXや携帯電話用のMSXアプリについては、先日発売されたMSX MAGAZINE 永久保存版3でも折込み済み。そもそもMSXのワンチップ化についてはずいぶん前から話があった訳だが、ようやく発売の目処が立ったようだ。
「MSX1」準拠のハードウエアをFPGAによるエミュレーションで再現。MSX用のROMカートリッジスロット1基、SD/MMCカードスロット1基、キーボード接続用にPS/2ポート、画面出力端子はコンポジットないしVGA端子を備えており、家庭用TVへの出力も可能。税別1万9800円にて5月中旬より予約受け付け開始の予定である。
必要最低注文数は5000台であり、予約開始から2か月間で5000台の予約が集まらない場合には販売中止になると発表されたことに対し西和彦氏が、

「5000台の予約数に満たなかった場合には、自分のポケットマネーで不足分を全部買ってでも発売してみせる!」

と激昂したそうで、素敵です西さん(笑)

さらに西氏で傑作だったのが、基調講演のこの部分。

西和彦氏が行った基調講演用資料には、まだ発表できない段階の話と思われる、PS2やPSP用のMSX PLAYerのサービスについても記載されており、質疑応答で指摘されてうろたえる一面も見られた。

あ~あ、ソニーに怒られるぞ(笑) でも、面白いから良し!

とりあえず、1チップMSXについては大のMSXファンの僕の友人が購入する気満々なので残り4999台、さらに僕も加えて残り4998台です(笑)。
かつて青春時代をMSXと共に過ごした人、MSXのBEEP音を聞くと思わずビクッとしてしまう人、グラディウスシリーズの最高傑作はMSX版の「2」だと信じて疑わない人は是非とも要チェックであります。

それにしても、ここ最近のMSXの盛り上がりは当時ユーザーだった僕としても非常に嬉しい限り。

『老兵は死なず、されど消え去りもせず』

などと思わず、呟いてしまいそうな記事でした。


nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 1

コメント 3

kasokage

ノシ

残り4997台です(笑)。
by kasokage (2005-05-10 13:50) 

おーしゃん

あえて「MSX2」の発売を待つ事にします。(笑)
いえ、ウチはMSX2+ユーザーだったもので。(^^;
by おーしゃん (2005-05-10 21:25) 

loderun

>>kasokageさん
これはniceありがとうございます♪
僕も昔に実機を手放してしまっていますので、1チップMSXに非常に期待しています。
今のうちに、ネットオークションあたりでMSXのゲームを買い集めておくかな(笑)

>>柾木神威さん
Mマガ永久保存版3号にも記述がありますが、今回の1チップMSXはFPGAをMSX2に書き換えることができるアップグレードキットを後日発売する予定ですので、全く問題ありません。
という訳で、残り4996台でよろしくお願いします(笑)
2+ユーザーだったとは、MSX末期を体験されたのですね。その頃の僕は家庭用ゲーム機の魅力に屈していました。
by loderun (2005-05-12 00:57) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0